▶︎永久含む!ヒルトンダイヤモンド会員になる方法
スポンサーリンク

【2021年版】覚えておくべきヒルトン・グランド・バケーションズの3つの予約方法と変更、キャンセルのルール

覚えておくべきヒルトン・グランド・バケーションズの3つの予約方法と変更、キャンセルのルールタイムシェア基礎知識
プロフィール
出不精夫婦

お得とお酒と食べることが大好き!

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

ヒルトン系列のホテルにも滞在します。ダイヤモンド会員特典を最大限活用して朝食無料やエグゼクティブラウンジを満喫してます!

ダイヤを狙うならヒルトンアメックスプレミアムカードの発行がオススメです!
詳細はこちら!
永久ダイヤモンド含む!ヒルトンオナーズダイヤモンド会員になる方法 まとめ

また、私たちが実践しているヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法をこちらの記事にまとめています!

ヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法まとめ

YouTubeにも力を入れてます!

よろしければチャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!

ヒルトンのタイムシェアは予約がなかなか取れないという話をよく耳にします。確かにハワイのリゾートは人気が高く、競争率が高いので予約をとるのは大変ですが、それでも私たちはクラブ予約がスタートする9ヶ月前のタイミングで予約をすることで、毎年、ほぼ希望通りの予約を取ることが出来ています。

このようにヒルトンのタイムシェアの予約を希望通りに行うには、ちょっと複雑な予約の仕組みを理解することが不可欠です。

ということで今回はヒルトンのタイムシェア(ヒルトン・グランド・バケーション)の主要な3つの予約の詳細と予約の変更、キャンセルについて紹介します!

スポンサーリンク

覚えておくべき3つの主要な予約方法

クラブのリゾートの主要な予約方法は、次の3つがあります。

  1. ホームウィーク予約
  2. クラブ予約
  3. オープンシーズンレンタル予約

ホームウィーク予約

ホームウィーク予約の特徴をまとめると次のようになります。

  • ホームウィーク予約は部屋のオーナーが優先的に行える予約
  • ホームウィーク予約ができるのは自分で所有している部屋のみ
  • 所有しているリゾートでも同じ部屋タイプ、同じシーズンのみ予約可能
  • チェックインの365日前から276日前(ホクラニとアイランダーは186日前)に予約可能
  • チェックイン日は固定(多くのリゾートでは土曜日)で日数も7泊で固定
  • 予約するには希望チェックイン年に割り当てられた全クラブポイントが口座にある必要がある
  • 予約手数料は無料
  • 固定週またはイベント週を所有すれば自動で予約してくれる

ホームウィーク予約とは、自分が所有している部屋に対して、契約したシーズンに、リゾート指定の曜日(ハワイを含む多くのリゾートでは土曜日)から7泊固定の予約を1年前から行える、部屋を所有しているオーナーが優先的に行える予約のことです。

所有している部屋のみが対象なので、グランドワイキキアンのオーナーがラグーンタワーを予約できません。また、同じグランドワイキキアンのオーナーでも所有している部屋が3ベッドルームであれば、1ベッドルームや2ベッドルームを予約することは出来ません。さらにプラチナシーズンを所有している場合はゴールドシーズンなどの他のシーズンの予約もできません。

ホームウィーク予約ができる期間はチェックインの365日(1年)前から、希望するチェックイン日の276日前(約9ヶ月前)までの約90日間になります。(ただし、ホクラニとザ・グランドアイランダーのホームウィーク予約はチェックインの365日(1年)前から、希望するチェックインの186日(約6ヶ月)の約6ヶ月間に設定されています。)

ホームウィーク予約には手数料がかかりません

ホームウィーク予約には当年度のクラブポイントのみが使用できます。クラブポイントは使いきれなかったポイントを翌年に繰り越したり(セーブドポイントと呼びます)、翌年のポイントを前借りしたりできますが、そういったポイントはホームウィーク予約に使用できません。

ホームウィーク予約は指定日から7泊固定の予約で、確定すると所有する部屋に割り当てられた年間クラブポイントが全て使用されます。

固定週またはイベント週を所有している場合、該当する週が毎年自動的に予約されます。毎年滞在したい週が決まっているのであれば、割高にはなりますが、浮動週でなく、固定週またはイベント週を購入することで、毎年の予約の手間なく、確実に部屋を押さえることができます。

また、予約をキャンセルすれば、後述のキャンセル規定に基づいてクラブポイントが口座に戻ってきますので、そのポイントを利用して、他のリゾートの予約を行えます。

私たちは固定週の部屋を持っていますが、毎年キャンセルして、次のクラブ予約に使用しています。

クラブ予約

クラブ予約の特徴は次のとおりです。

  • ポイントを使用して予約する
  • 自分の所有するリゾート以外も予約可能
  • 3泊以上の宿泊が条件
  • ホームウィーク予約期間終了(通常チェックアウトの276日前)からチェックインの1日前の間で予約可能
  • 予約手数料がかかる(エリート会員には割引や免除あり)

クラブ予約は3泊以上の宿泊が条件で、所有するリゾートだけでなく、クラブ内のリゾートであればどこでも、ポイント(クラブポイント、セーブドポイント、ボーナスポイント)を使用して行える予約です。

クラブ予約が行える期間はリゾートによって異なりますが、 通常チェックアウト日の276日(約9か月)前から開始します。(ホクラニとザ・グランド・アイランダーのクラブ予約期間はチェックアウト日の186日(約6か月)前から、ウエスト57ストリート、ザ・レジデンス、ザ・ ディストリクトについてはチ ェックアウト日の59日前から開始します。)クラブ予約はチェックインの1日前まで可能です。

クラブ予約にはボーナスポイントを使用することもできますが、クラブポイントまたはセーブドポイントと合算することは出来ません。

クラブ予約には手数料がかかります。2021年現在、オンラインでのクラブ予約には59ドル、電話でのクラブ予約には99ドルがかかります。(エリート会員になると、手数料の割引や免除の特典があります。エリート会員の特典についての詳細はこちらをご覧ください。)

オープンシーズンレンタル予約

オープンシーズンレンタル予約の特徴は以下のとおりです。

  • ポイントではなく現金で予約
  • 自分の所有するリゾート以外も予約可能(ただし例外あり)
  • 2泊以上の宿泊が条件
  • チェックアウト希望日の30日前からチェックインの1日前まで予約可能
  • 予約手数料がかかる(エリート会員には割引や免除あり)
  • オーナー本人のみ利用可。ゲストのみの利用はできない。

オープンシーズンレンタル予約は2泊以上の宿泊が条件で、各リゾートに設定されたレンタル料金を支払って行う予約です。ポイントではなく現金を支払って予約できます。

予約は「オープンシーズン予約期間」と呼ばれる期間内に行います。オープンシーズン予約期間は通常チェックアウトの30日前からチェックインの1日前となります。

ザ・レジデンスとザ・ディス トリクトのオープンシーズン予約期間は、両リゾートのオーナーのみが対象となります。グランド・ワイキキアンとザ・グランド・アイランダーのペントハウスのオープンシーズン予約期間は同リゾートのペントハウスオーナーのみが対象となります。ウエスト57ストリートも同リゾートのオーナーのみが対象です。ただし、オーナーとクラブの利益を最大限にするためにオーナー以外にレンタル可能とする場合もあるようです。

オープンシーズンレンタル予約はクラブメンバーの個人的な利用のみを対象とし、本人以外のゲストのみの利用はできません。(ホームウィーク予約、クラブ予約は事前にゲスト登録しておけばゲストのみの利用も可能です。ただしゲスト登録手数料がかかります。)

レンタル料金は予約確定時に全額支払う必要があります。(エリート会員特典として最大30%の割引があります。エリート会員特典の詳細はこちらをご覧ください。)

オープンシーズンレンタル予約にも予約手数料がかかります。(こちらもエリート会員特典で割引や無料になります。エリート会員特典の詳細はこちらをご覧ください。)

スポンサーリンク

念の為知っておくべき2つの予約

3つの主要な予約方法以外にホームリゾート予約とby ヒルトンクラブ予約という2つの予約の仕方があります。

この2つの予約は現在ニューヨークのリゾート(ウエスト57ストリート、ザ・レジデンス、ザ・セントラル・アット 5th、ザ・クイン セントラルパーク)及びワシントンD.C.のリゾートを所有しているオーナーにのみ適用される予約なのでほとんどの方は気にする必要はないかと思います。

ホームリゾート予約

クラブメンバーがオーナーシップ権益を有するリゾートにて希望する宿泊日数、希望する部屋タイプにて予約できる予約です(所有ポイント数および空室を条件とします)。

ホームリゾート予約期間中は、そのリゾートの所有者のみ先着順で予約を受け付けます。

この期間終了後も空室があればホームリゾート予約ができます。

ホームリゾート予約は、該当するリゾートについて付与されるポイントのみ使用できます。

by ヒルトンクラブ予約

by ヒルトンクラブブランドのいずれかのリゾートを所有するオーナーが15日間その他のオーナーに優先して同ブランドのリゾートを相互に宿泊できる予約です。

この予約は、クラブポイントのみ利用できます。

この期間終了後も空室があればこの予約ができます。

予約期間

3つの予約の予約期間を図にすると次のようになります。

ホームウィーク予約は1年前、クラブ予約は9ヶ月前と覚えておくといいと思います。

予約期間(一部を除くすべてのリゾート)
予約期間(一部を除くすべてのリゾート)

ハワイ・オアフ島のホクラニ・ワイキキ、グランドアイランダー、ハワイ・マウイ島のマウイ・ヴィラについてはクラブ予約が186日前になります。

ホクラニ、グランドアイランダー、マウイのクラブ予約は6ヶ月前からと覚えておくといいです。

予約期間(ホクラニ、グランドアイランダー、マウイ)
予約期間(ホクラニ、グランドアイランダー、マウイ)

ザ・ディストリクト・バイ・ヒルトン・クラブ(ワシントンDC)については、クラブ予約がチェックアウトの59日前に始まります。

予約期間(ザ・ディストリクト ワシントンD.C.)
予約期間(ザ・ディストリクト ワシントンD.C.)

ニューヨークリゾート (ウエスト57ストリート、ザ・レジデンス、ザ・セントラル・アット 5th、ザ・クイン セントラルパーク)は一番複雑です。

このリゾートのオーナーさんは理解する必要があるかと思いますが、それ以外の方はニューヨークのクラブ予約は90日前からと覚えておくといいと思います。

予約期間(ニューヨークリゾート)
予約期間(ニューヨークリゾート)

変更とキャンセルのルール

変更

2021年5月1日から

2021年の5月1日より予約の変更に関する規約が改定されます。

変更の理由は近年、滞在日が迫ってからの変更が恒常的に発生し、本来空室があるはずの時期も「仮押さえ」により、新規予約が取りにくくなるという状況が増えているためだそうです。

クラブポイントまたはセーブドポイントを使用したクラブ予約を変更できるのは、チェックイン予定日の61日前までとなります。60日以内になると予約の変更はできなくなります。なお、宿泊日の変更は同じ暦年内に限ります。

60日以内になってから変更が必要な場合は、予約を一旦キャンセルし、新しく予約を作成する必要があります。その際は予約手数料が必要となります。

なお、宿泊者名のご変更はチェックインの2日前まで、宿泊人数のご変更はチェックインの1日前まで可能です。

HGVの予約の変更
HGVの予約の変更

2021年4月30日まで

ホームウィーク予約はもともと手数料ゼロなので、気軽に変更できますが、クラブポイントを使用したクラブ予約も追加の手数料なく変更することが出来ます。ただし、変更後の旅行は当初の予約と同じ暦年内に完了する必要があります。(ボーナスポイントを使用した予約は対象外です。)

予約の変更により、当初の予約に使用したクラブポイントと同じ、もしくはそれを上回るポイントを使用する場合、チェックインの1日前まで変更が可能です。

予約の変更により、当初の予約に使用したクラブポイントよりも使用するポイントが少なくなる場合、チェックインの31日前までは手数料を支払うことなく変更可能ですが、到着予定の30日前をすぎると変更不可となり、通常のキャンセル規定が適用されます。

リゾート予約のキャンセル

リゾート予約のキャンセルは次のようなルールになっています。

  • チェックインの31日以上前のキャンセルについては、予約手数料(該当する場合)は返金されません。
  • チェックインの30日から16日前のキャンセルについて は、予約手数料(該当する場合)全額および使用したポイントまたはオープン・シーズンレンタル料金の50%がキャンセル料となります。
  • チェックインの15日以内のキャンセルについては、予約手数料(該当する場合)全額および使用したポイントまたはオープン・シーズンレンタル料金の100%がキャンセル料となります。
  • ボーナスポイントの有効期限以降にボーナスポイントを使 用した予約をキャンセルした場合、使用したボーナスポイントは100%全額返ってきません。
  • クラブポイントまたはボーナスポイントを使用した予約を後にキャンセルした場合、オープンシーズンレンタル料金で同じリゾートを同じ期間で再予約することはできません。

文章だとわかりにくいと思いますのでリゾート予約キャンセルのペナルティを図にしてみました。

HGVの予約のキャンセル
HGVの予約のキャンセル

キャンセルプロテクション

ホームウィーク予約、クラブ予約については、予約時に有料でキャンセル・プロテクションを申し込むことが出来ます。

キャンセル・プロテクションにより、到着予定日の30日前以降であっても、クラブポイントを使用した予約をポイントを喪失することなくキャンセルすることが可能です。ただし、予約手数料の返金はありません。

キャンセル・プロテクションはボーナスポイントを使用した予約には利用できません。

固定週またはイベント週を所有するオーナーは、自動予約のキャンセルプロテクションを有料で追加できます。追加はオンラインでできないため、クラブに電話連絡する必要があります。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はヒルトン・グランド・バケーションズの主要な3つの予約の特徴と、変更、キャンセルについての詳細を紹介しました。

今回ご紹介したとおり、クラブ予約の変更には追加の手数料はかかりませんし、チェックインの31日前までならば、ポイントに対するペナルティもありませんので、先のことはわからないと予約を躊躇するのではなく、早め早めに予約をとっていくことが、ヒルトン・グランド・バケーションズを活用するコツではないかと思います!

また、部屋の空き状況は刻一刻と変わりますので、以前見たときは満室だったのに、少し立って確認したら空きがでていたなんてこともあります。希望の日程に予約できなくても諦めずに、こまめにチェックすることも大切です。

試しに泊まってみる

ヒルトン・グランド・バケーションの施設には本来タイムシェアのオーナーでないと泊まることのできないはずなのですが、ホテル予約サイトを検索するとヒルトンのタイムシェアリゾートが見つかります。

これはヒルトン・グランド・バケーションがJTBや他のタイムシェアリゾートと提携していて、それらの提携リゾートに滞在するためにヒルトン・グランド・バケーションのポイントを利用することができる仕組みになっているためです。

このため、ヒルトン・グランド・バケーションのオーナーさんが他の提携リゾートでポイントを使用するとその分、ヒルトン・グランド・バケーションのお部屋に空きができます。

空いた分をホテルとして一般に販売しているんだそうです。

このような理由のため空きを見つけたらラッキーなので、試しに泊まってみるのもいいかもしれません。

ホテル予約サイトから予約するなら10泊利用すると1泊無料になるHotels.comがおすすめです。

ここではハワイ・オアフ島のヒルトンのタイムシェアに滞在するならオススメの3施設を紹介します!

ザ・グランドアイランダー

2017年春にオープンしたオアフ島のヒルトンのタイムシェアで一番新しい施設です。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にあります。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する

グランドワイキキアン

大きなバスタブがついていて私達がハワイで一番気に入っているタイムシェア施設です。グランドアイランダーと同じくヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にあります。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する

ホクラニ・ワイキキ

ワイキキビーチに近くに位置し、ショッピングやレストラン巡りに最高の立地の施設です。人気のステーキハウスルースズクリスワイキキに徒歩1分でいけちゃいます。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する

タイトルとURLをコピーしました