【2020年更新】どんなお金がかかるの?ヒルトン・グランド・バケーションズの利用にかかる料金まとめ

フィエスタアメリカーナロスカボスタイムシェア基礎知識
スポンサーリンク
プロフィール
出不精夫婦

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。ヒルトン系列のホテルにも滞在します。タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

お得とお酒と食べることが大好き!なのでハッピーアワーが大好きです!

最近YoTubeに力を入れてます!チャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!

これまで、ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブを有効利用するための3つの予約の方法クラブポイントとボーナスポイントを無駄なく使い切るための方法を紹介しましたが、予約手数料やポイントを延長するための手数料がかかることに一体どれだけお金がかかるの?と不安に思われている方もいるかもしれません。

そこでこの記事ではヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブを利用する際にかかる料金をまとめて紹介します!

※この記事は2020年に発表された料金をまとめたものです。

スポンサーリンク

タイムシェア購入後に一度だけ支払う費用

登録費

タイムシェアを購入する際に1回だけかかる費用です。

登録費
クラブ・インベントリー・アクティベーション料(登録手数料)
HRCまたは関連会社から購入した場合
$377
クラブ・インベントリー・アクティベーション料(登録手数料)
第3者または個人販売から購入した場合
$609
メンバーシップ譲渡費$425
初年度登録費(アクティベーション料)$399

毎年必ず支払う必要のある費用

所有しているリゾートの管理費

まず所有しているリゾートの管理費が毎年かかります。日本でマンションを購入すると管理費がかかるように、購入した部屋によって数万円から数十万円くらいかかります。タイムシェアを利用してもしなくても支払う必要があるので、今年は旅行しないから払いたくないということができません。

ただ、使用できなかったポイントは翌年に繰り越せたり、ヒルトン系列のホテルで利用できるヒルトンオナーズポイントに交換したりできるので、支払った管理費が完全に無駄になるということはないような仕組みが備わっています。

ポイントを無駄なく使用する方法についてはこちらの記事にまとめています。

クラブ年会費

クラブメンバーは、メンバーシップ1口座ごとにクラブ年会費の支払いが必要です。クラブ年会費はアメリカまたはカナダ在住とそれ以外のメンバーで金額が異なります。かかる費用は以下のとおりです。

クラブ年会費 (1口座ごと)
アメリカ・カナダ在住のメンバー$182
それ以外の地域のメンバー$216

クラブ年会費は1口座ごとに支払う費用ですので、複数のリゾートを所有していたり、単一のリゾートを複数週所有している場合も1口座で所有している限り金額は変わりません。

タイムシェアリゾートを利用する毎にかかる料金

リゾート予約手数料

リゾート予約を行う際にかかる手数料です。各予約の詳細についてはこちらでご覧いただけます。

リゾート予約手数料
ホームウィーク予約無料
ホームリゾート予約、クラブ予約(変更可能)$69 (オンラインの場合)
$99 (電話の場合)
キャンセル・プロテクション$66

クラブパートナーパークス

クラブパートナー・パークスは、世界各地へのクルーズ、モーターホームのドライブ旅行、豪華なハウスボートでの水上生活の旅、アウトドアのアドベンチャーの旅に加え、高級オートバイのレンタルにヨットチャーターや世界の素敵なホテルでの宿泊、JALの航空券との交換など、クラブポイントやボーナスポイントを使って、外部のパートナープログラムの特典と交換できる仕組みです。こちらを利用する際にも手数料がかかります。

クラブパートナーパークス
全てのプログラムに関する手数料$129

ポイントを利用したヒルトンブランドホテルの予約

クラブポイントを利用して翌年のヒルトンブランドのホテルを予約することも出来ます。エリートプラス会員以上であれば当年のヒルトンブランドのホテルを予約することも出来ます。

ポイントを利用したヒルトンブランドホテルの予約
ポイントを利用した翌年のヒルトン・オナーズのホテル予約$112 (電話のみ)
エリート・プラス
ポイントを利用した当年のヒルトン・オナーズのホテル予約
$109 (オンラインの場合)
$139 (電話の場合)

ポイントの延長

クラブポイントの延長を行う際にも手数料が必要です。各延長方法の詳細についてはこちらをご覧ください。

ポイントの延長
ヒルトン・オナーズポイントへの交換$129 (オンラインの場合)
$139 (電話の場合)
セーブドポイントとしての繰り越し$115 (オンラインの場合)
$125 (電話の場合)
オートセーブ$85 (オンラインの場合)
$95 (電話の場合)
RCIへの預け入れ$129 (オンラインの場合)
$139 (電話の場合)
RCIへ預け入れたポイントの延長$139

ゲスト利用確認

タイムシェアのオーナー以外をゲストとして滞在させる場合、ホームウィーク予約以外は手数料が発生します。

ホームウィーク予約無料
ホームリゾート予約、バイ・ヒルトン・クラブ優先予約
クラブ予約 – (電話、オンライン共)
$56
オープンシーズン予約利用不可

エリートステータスでほとんどの手数料が割引に

今回紹介した手数料はエリート会員になると割引や免除の特典が受けられます。

次の表のように、エリート、エリートプラスであれば、オンラインの手数料が割引に、エリートプレミアまで到達すると、オンラインも電話も全て無料になります。

リゾートエリートエリート
プラス
エリート
プレミア
予約手数料の割引
(オンライン)
10ドルOFF20ドルOFF無料
予約手数料の割引
(電話)
割引なし割引なし無料
取扱手数料の割引
(オンライン)
割引なし50ドルOFF無料
取扱手数料の割引
(電話)
割引なし割引なし無料

最後に

いかがでしたでしょうか?何にどれだけお金がかかるか知っておけば、安心ですよね!

様々な手数料がかかりますが、ウェブサイトやアプリを利用してオンラインで行うほうが電話で行うより手数料が安くなっていますので積極的にオンラインで行いましょう!

後からこんなに追加でお金がかかるとは思わなかった!とならないようにしっかりと頭に入れておきましょう!

試しに泊まってみる

ヒルトン・グランド・バケーションの施設には本来タイムシェアのオーナーでないと泊まることのできないはずなのですが、ホテル予約サイトを検索するとヒルトンのタイムシェアリゾートが見つかります。

これはヒルトン・グランド・バケーションがJTBや他のタイムシェアリゾートと提携していて、それらの提携リゾートに滞在するためにヒルトン・グランド・バケーションのポイントを利用することができる仕組みになっているためです。

このため、ヒルトン・グランド・バケーションのオーナーさんが他の提携リゾートでポイントを使用するとその分、ヒルトン・グランド・バケーションのお部屋に空きができます。

空いた分をホテルとして一般に販売しているんだそうです。

このような理由のため空きを見つけたらラッキーなので、試しに泊まってみるのもいいかもしれません。

ホテル予約サイトから予約するなら10泊利用すると1泊無料になるHotels.comがおすすめです。

ここではハワイ・オアフ島のヒルトンのタイムシェアに滞在するならオススメの3施設を紹介します!

ザ・グランドアイランダー

2017年春にオープンしたオアフ島のヒルトンのタイムシェアで一番新しい施設です。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にあります。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する

グランドワイキキアン

大きなバスタブがついていて私達がハワイで一番気に入っているタイムシェア施設です。グランドアイランダーと同じくヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内にあります。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する

ホクラニ・ワイキキ

ワイキキビーチに近くに位置し、ショッピングやレストラン巡りに最高の立地の施設です。人気のステーキハウスルースズクリスワイキキに徒歩1分でいけちゃいます。

実際に滞在したお部屋のレポートはこちらです。

Hotels.comで予約する