▶︎出不精夫婦は今日もハワイで飲んでます2022更新中!

日差しが強烈!Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)でメキシカンなハッピーアワー!

Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)のハッピーアワーオアフ島のグルメ
オアフ島のグルメ

ハワイのハッピーアワーめぐり、今回も新規店舗を開拓すべく、行ってきました!

スポンサーリンク

Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)とは

今回訪れたのは「Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)」。

場所はワイキキのど真ん中、「ワイキキショッピングプラザ」の4階です。

BUHOが入っているワイキキショッピングプラザ

BUHOが入っているワイキキショッピングプラザ

お店の入り口はカラカウア通り沿いにあります。同じ建物に鉄板焼の「TANAKA of Tokyo」も入っています。

カラカウア通り沿いにあるBUHOに続くエレベーター

カラカウア通り沿いにあるBUHOに続くエレベーター

エレベーターを使って4階に上がると、目の前に広くて開放的なBUHOに到着です。

店内はとっても広く、こんなテーブル席や、

BUHOの開放的な店内

BUHOの開放的な店内

屋根があって緑がきれいなテーブルや、

BUHOの開放的な店内 その2

BUHOの開放的な店内 その2

カラカウア通りの建物が良く見える開放的なロフト席や、

BUHOの開放的な店内 その3

BUHOの開放的な店内 その3

大人数でワイワイ楽しめそうな大きなテーブル席、

BUHOの開放的な店内 その4

BUHOの開放的な店内 その4

ピンクのロイヤルハワイアンホテルもよく見えるお洒落な席なんかもあったりします。

BUHOの開放的な店内 その5

BUHOの開放的な店内 その5

いわゆるルーフトップバーといった感じで開放的なリゾート感を味わえる内装になっています。

スポンサーリンク

Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)のハッピーアワー

BUHOのハッピーアワーは毎日午後2時〜6時の4時間と午後10時から閉店までの2部制です。

午後2時から6時と長めに実施しているので、ちょっとおそめのランチや早めのディナーにも使えますね!

また夜も午後10時からやっているので夕食後にちょっと飲みたいなんてときにも使えそうです。

ハッピーアワーを楽しめる場所は午後2時〜6時はバーカウンターのみ、午後10時から閉店まではどこでもOKになります。

バーカウンターの様子がこちら。

ハッピーアワーを楽しめるバーカウンター

ハッピーアワーを楽しめるバーカウンター

バーカウンターは北西側を向いているので、ハッピーアワーの時間帯は西日が直撃してきます。

なので、日差しが気になる方は、メキシコ国旗で日差しを防げる席を選んだり、帽子や長袖の羽織るものなどを用意するなど対策をしておかないと、ハッピーアワーを楽しんでいるうちに西日が正面から直撃して眩しく、暑く、日に焼ける!ということになりますので注意が必要です。

バーカウンターの中には生ビールサーバーがあり、コロナ、パシフィコ、ドスエキス、モデロといったメキシコビールが揃っています。

メキシコのビールが揃っている生ビールサーバー

メキシコのビールが揃っている生ビールサーバー

BUHOのハッピーアワーメニューがこちら。

BUHOのハッピーアワーメニュー

BUHOのハッピーアワーメニュー

1枚のメニューに5種類のドリンクと、12種類のププ(おつまみ)が書かれています。

ドリンクは通常6ドルの生ビール(ドスエキスラガーとドスエキスアンバー)が5ドルと1ドルオフ、通常8ドル〜9ドルのワイン(赤、白、スパークリング)が6ドルと2〜3ドルオフ、通常10ドルのマルガリータが3ドルオフといった感じで、通常価格の1〜3ドルオフでいただけます。

料理は以下のようにタコス、ワカモレ、ケサディーヤといったメキシコっぽい料理が一通り揃っています。

  • Picadillo taco (ピカディージョタコス) 3ドル
  • Homemage chips & salsa (ホームメイドチップとサルサ) 6ドル
  • Homemage guacamole & chips (ホームメイドワカモレ) 6ドル
  • Mexican fries (メキシカンフライドポテト) 6ドル
  • Jidori chicken liver paste with bread (地鶏のレバーペースト) 6ドル
  • Goat cheese quesadilla (ゴートチーズケサディーヤ) 6ドル
  • Mole chicken wings (モレチキンウィング) 6ドル
  • Pork belly flautas (豚バラのフラウタス) 8ドル
  • Kauai shrimp ceviche (カウアイシュリンプセビーチェ) 9ドル
  • Gordito burrito (太いブリトー) 9ドル
  • Fish & chips (フィッシュアンドチップス) 9ドル
  • Ice cream burrito (アイスクリームブリトー) 6ドル

実際にたべてみた。

メニューを確認した後は早速実食です!

生ビール(ドスエキスラガー) 5ドル (通常6ドル)

まずは5ドルのドスエキスラガーで乾杯!

5ドルのドスエキスラガーで乾杯!

5ドルのドスエキスラガーで乾杯!

生ビールの値段は5ドルとそこまでお得ではないですが、サイズはしっかり1パイント。

日差しの暑さとラガービールの飲みやすさでグビグビいけちゃいます。

最初の料理がやってきました。

最初に頼んだ料理

最初に頼んだ料理

Homemade guacamole & chips (ホームメイドワカモレ&チップ) 6ドル (通常10ドル)

こちらはHomemade guacamole & chips (ホームメイドワカモレ&チップ) 6ドル。通常10ドルなので4ドルお得!

Homemade guacamole & chips (ホームメイドワカモレ&チップ) 6ドル

Homemade guacamole & chips (ホームメイドワカモレ&チップ) 6ドル

トルティーヤチップはお店で手作りしているそう。

できたてアツアツというわけではありませんでしたが、コーンの香りが香ばしくてグッド。

ワカモレには苦手なパクチーが入っていますが、あまり香らずそれほど気になりませんでした。

Picadillo Taco (ピカディージョ・タコス) 3ドル (通常3ピース13ドル)

こちらはPicadillo Taco (ピカディージョ・タコス) 3ドル。通常3ピースで13ドルなので、1ドルちょっとお得です。1ピースずつ頼めるのもいいですね!
Picadillo Taco (ピカディージョ・タコス) 3ドル

Picadillo Taco (ピカディージョ・タコス) 3ドル

ピカディージョ(Picadillo)とは、牛挽肉、トマトなどを使用したラテンアメリカの多くの国とフィリピンの伝統料理なんだそう。

BUHOのピカディージョには和牛のひき肉、トマトの他、コーンや玉ねぎなどが入っています。

タコスの皮はハンドプレスしたコーントルティーヤ。

本格的なメキシコのタコスで味の方もグッド。

とろけるチーズを入れて食べたら更に美味しいだろうなーと思いながらいただきました。

Mexican Fries (メキシカンフライドポテト) 6ドル

続いて注文したのがMexican Fries (メキシカンフライドポテト) 6ドル。こちらは通常メニューにみあたらず、ハッピーアワーのみのメニューのようです。

Mexican Fries (メキシカンフライドポテト) 6ドル

Mexican Fries (メキシカンフライドポテト) 6ドル

BUHOのフライドポテトは好みの細いタイプ!

スパイシーなパウダーがかかっていてマヨネーズもスパイシー。

濃い味付けのフライドポテトにビールが進みます!

Goat cheese quesadilla (ゴートチーズケサディーヤ) 6ドル

メキシコと言えばチーズ!

ということで、Goat cheese quesadilla (ゴートチーズケサディーヤ) 6ドルも頼んでみました。

Goat cheese quesadilla (ゴートチーズケサディーヤ) 6ドル

Goat cheese quesadilla (ゴートチーズケサディーヤ) 6ドル

こちらも通常メニューには見当たらず、ハッピーアワーのみのメニューのよう。

付け合せにワカモレとサワークリームがついています。

ケサディーヤの中にはモントレージャックチーズとゴートチーズがたっぷりと入っていて持ち上げるとチーズがとろりとはみ出るほど!

チーズたっぷりのケサディーヤ

チーズたっぷりのケサディーヤ

チーズを食べたいなーと思っていたので、たっぷりチーズを食べられて満足の一品でした。

お会計

生ビールを2杯ずつとおつまみ4品をいただいてお腹いっぱい。お会計です。

今回は税込みで42.93ドルとなりました。

お会計は税込みで42.93ドル

お会計は税込みで42.93ドル

BUHOはクレジットカードOKなので、メインカードのアメックスで支払いました。

(旅行にはクレジットカードが便利!出不精夫婦オススメのクレカはこちら)

最後に

今回はワイキキのど真ん中にあってメキシコ料理がいただけるルーフトップレストラン「Buho Cocina Y Cantina (ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ)」でハッピーアワーを楽しみました!

料理はメキシコで食べたのと同じくらい美味しいなと感じました。

ただ、ハッピーアワーが楽しめるバーカウンターは日差しが強すぎて、かなり暑かったです。

太陽を感じながらハッピーアワーを楽しみたい!というなら昼にいってもいいですが、ハワイの風を感じるルーフトップバーの良さを味わえそうですし、バーカウンター以外の席も利用できるので、BUHOでハッピーアワーを楽しむなら10時以降に訪れるのがいいかもしれません。

お店情報
ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ
Buho Cocina Y Cantina
住所: 2250 Kalakaua Ave #525, Honolulu, HI 96815 [地図]
電話: (808) 922-2846
公式ページ: buhocantina.com
↓↓↓↓↓ 日本語OKの予約はこちら ↓↓↓↓↓

ハワイ旅行をワンラックアップするアメックスプラチナカード

ハワイに限らず海外旅行が好きならアメックス・プラチナ・カードがオススメ!

私たち出不精夫婦もメインカードとして利用しています。

年会費は高額ですが、以下のような旅行をワンランクアップした上質なものにしてくれる魅力的な特典がたくさんついています!

  • 海外利用でポイント3倍
  • 持っているだけでついてくるホテルの上級会員資格
    • 「Marriott Bonvoy」ゴールドエリート
    • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
    • 「Radisson Rewards」Goldエリートステータス
  • 高級ホテルでさまざまな特典がついてくるファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • 素敵なレストランを半額で楽しめる2 for 1 ダイニングby招待日和
  • 空港で無料利用できるセンチュリオンラウンジ
  • プライオリティパスの無料発行
  • 手厚い国内・海外旅行保険

私たちが感じているアメックス・プラチナ・カードのメリットはこちらの記事に詳しくまとめていますので、より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

現在入会特典として、入会後3カ月以内のカード利用で最大40,000ポイント獲得可能です!

具体的には利用額50万円、100万円でそれぞれ20,000ボーナスポイントゲットできます。

  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上利用で、さらに20,000ボーナスポイント
  • 入会後3ヶ月以内に100万円以上利用で、さらに20,000ボーナスポイント

さらに100万円使った場合、100円につき1ポイント付与される通常ポイントが10,000ポイント貯まるので、合計50,000ポイントです。

また、アメックス・プラチナ・カード会員なら無料で登録できる「ボーナスポイントプログラム」に登録すれば、Amazon、Yahoo、JAL、HIS、アメックスオンライントラベル、iTunes Storeなどの対象オンライン加盟店での利用や海外での外貨決済での利用のポイントが3% (100円で3ポイント)もつくようになるので、対象の店舗や海外でのみ100万円利用した場合、30,000ポイントも貯まります。

海外旅行に行く前にアメックス・プラチナ・カードを作って、JALかHISかアメックスオンライントラベルで飛行機やホテルを手配して、海外旅行先でもアメックス・プラチナ・カードで外貨決済するようにすれば、人数の多い家族旅行などでは100万円くらいかかってしまうかもしれませんよね。

そうしたら、合計70,000ポイントゲットです!

70,000ポイントはANAマイル40,000マイルとJALマイル12,000に交換できますので、また旅行が捗りますね!

そんなアメックス・プラチナ・カードは下記の公式ページから詳細確認&申し込み可能です!

2枚目にオススメな年会費無料の楽天カード

旅行先でメインカードが使えなくなったり、紛失したりしたら大変!

クレジットカードは最低でも2枚以上持っていくのがオススメです。

そんな2枚目のクレジットカードに求めることは次の2つ!

  • 年会費が永年無料であること
  • 国際ブランドが多くの店舗で利用できるVisaもしくはMaster Cardであること

サブカードですから年会費は当然無料の方がいいですよね。

アメックスが使えない場合でもVisaかMaster CardならOKというお店もたまにありますので、国際ブランドはVisaかMaster Cardがオススメです。

この条件を満たすカードは色々ありますが特にオススメなのは楽天カードです。

楽天カード楽天市場楽天モバイルといった楽天のサービスを利用していたり、楽天ポイントをどんどん貯めたいなら絶対オススメ!楽天証券の積立投資にも利用できます!

国際ブランドはVisa、Master Card、JCB、アメックスから選べるので、サブカードならVisaかMaster Cardを選びましょう!

また、楽天カードを2枚持つこともできるので、VisaかMaster Cardの他にトロリー無料乗車などハワイでの特典がたくさんあるJCBブランドのカードも作っておければより完璧です!

クレジットカードの年会費は一切払いたくないと言う方でしたら、楽天カードをメインカードとして使ってもいいかもしれませんね。

ハワイのグルメ情報まとめ記事

ハワイのハッピーアワー情報、美味しかったグルメなど以下の記事でまとめています!

タイトルとURLをコピーしました