▶︎出不精夫婦は今日もハワイで飲んでます2022更新中!

ラスベガスのファットバーガーで超特大パテ680gのXXXLサイズのTHE FATBURGERを食べてきました!

THE FATBURGER XXXL 17ドルラスベガスのグルメ
ラスベガスのグルメ

ラスベガス最初の夜はハンバーガーを食べたい!

ということで今回訪れたのは今年(2018年4月)日本に上陸したファットバーガーです!

スポンサーリンク

ファットバーガーとは

ファットバーガー(FATBURGER)は、1952年にロサンゼルスで誕生し、世界5大陸、20カ国で200を超える店舗を展開している人気のバーガーブランドです。

1952年にロサンゼルスからスタートしたファットバーガー

1952年にロサンゼルスからスタートしたファットバーガー

日本でも2018年4月28日に一号店が渋谷にオープンしています。

ファットバーガーのハンバーガーはボリューム満点!

カロリーも高そうなその姿から、FATBURGERの「FAT」は「太る」の「FAT」だと思うかもしれませんが、「FAT」には「Fresh, Authentic, Tasty (新鮮で、本物で、美味しい)」という想いが込められているんだそう。

その名前の通り、FATBURGERでは、創業時から素材選びにも調理法にもこだわりを貫いていて、ハンバーガーのパティは高品質な牛肉の赤身のみを使用し、野菜は新鮮さにこだわり、調理にはコレステロールゼロの油を使用するなど、ヘルシーさを追求しています。

スポンサーリンク

ファットバーガー ラスベガスの場所

そんなファットバーガーはラスベガスにも複数店舗が存在していますが、今回訪れたのはラスベガス大通りに面するお店です。

場所はMGMとプラネットハリウッドの間、タンバラウンジの入ったハワイアンマーケットプレイスのちょっと南側です。

目印は「FAT BAR」と書いてあるこの看板とその前にあるバーです。

ラスベガス大通り沿いにあるFAT BAR

ラスベガス大通り沿いにあるFAT BAR

FATBARはその名の通り、FATBURGERが運営するバーです。

FAT BAR入り口

FAT BAR入り口

FATBURGERはこのバーの奥にあります。

ファットバーガー (FATBURGER) お店外観

ファットバーガー (FATBURGER) お店外観

24時間営業なので、食べたくなったら時間を気にせず行けるのがいいですねー!

ファットバーガー ラスベガスの店内

店内はアメリカのファーストフード店らしい明るい色を使った派手な感じです。

ファットバーガー (FATBURGER) の店内の様子

ファットバーガー (FATBURGER) の店内の様子

今回は夜8時頃訪れたのですが、店内にはお客さんはほとんどおらず、すぐに注文することができました。

ファットバーガー (FATBURGER) の店内の様子

ファットバーガー (FATBURGER) の店内の様子

奥の壁にはFATBURGERが出店している国や地域が書かれています。東南アジアや中東にもお店を出しているんですねー!

出店先の国や地域が書かれた壁

出店先の国や地域が書かれた壁

さらに奥にはモンスターサイズのXXXLバーガーを食べきった猛者の写真が飾られていたり、

XXXLのファットバーガーを食べきった猛者たち

XXXLのファットバーガーを食べきった猛者たち

FATBURGERのグッズも販売していました。

ファットバーガーのグッズ

ファットバーガーのグッズ

ファットバーガーのメニュー

こちらがファットバーガーのバーガーメニュー。

ファットバーガーのメニュー その1

ファットバーガーのメニュー その1

店名にもなっている「THE FATBURGER」はパテのサイズが異なる、ORIGINAL(1/3lb.) 、LARGE(1/2lb.)、XXL(1lb.)、XXL(1.5lb.)の4種類から選ぶことが出来ます。

パテの量をグラムにすると、それぞれ、151g、226g、453g、680gとなり、値段はそれぞれ$8.05、$10.50、$14.80、$17.00となっているので、パテ1gあたりの値段はサイズが大きいほど安くなり、お得感があります。

また、日本の店舗ではパテ690gのUSキングバーガーが2,560円なので、ほぼ同量のパテで$17のXXXLはだいぶお得感があります。

続いてこちらがサイドメニュー。

ファットバーガーのメニュー その2

ファットバーガーのメニュー その2

フライドポテトが太いもの(Fat Fries)と細いもの(Skinny Fries)の2種類用意されているのがいいですねー。

こちらは「THE FATBURGER」の中身を解説したものです。

ファットバーガーの構成

ファットバーガーの構成

中に入っているものは至ってシンプルで特に変わった何かが入っているということはなさそうです。

実際にに食べてみた。

はじめてのFATBURGERということで頼むのはもちろん「THE FATBURGER」!

一番オトク感のあるXXXLを2人で食べることにしました。

レジでXXXLを注文すると「チーズは入れるか?」と聞かれたので「Yes」と答えてチーズをトッピングします。

さらに「半分にカットするか?」と聞かれたので同じく「Yes」と答えました。

サイドメニューに細い方のフライドポテト、Skinny Fries ($3.80)とソーダのLサイズ($3.75)を注文し、お会計です。

金額は税込みで27.77ドルとなりました。

お会計は税込みで27.77ドル

お会計は税込みで27.77ドル

追加のチーズは1.1ドル、半分カットは無料でした。

FATBURGERは注文してから料理を作り始めるスタイル。

カウンター横の厨房では、私達が注文を完了すると、パテを焼いたりし始めました。

注文してから作ってくれます

注文してから作ってくれます

注文した料理ができるまでちょっと時間があるので、まずはソーダを取りに行きます。

ソーダを注文すると空のカップを渡されるので、店内に置かれたソーダマシーンから、セルフサービスで自分の好きなドリンクを注ぎます。

ファーストフード店でよく見かけるソーダのマシーン

ファーストフード店でよく見かけるソーダのマシーン

まずはマシーンの真ん中から氷をゲット!

真ん中から氷がでます。

真ん中から氷がでます。

今回はコカコーラゼロにしてみました。

コカコーラゼロにしてみました。

コカコーラゼロにしてみました。

ドリンクを飲みながら待っていると、注文したバーガーたちがやってきました!

運ばれてきたチーズ(1.1ドル)を追加したXXXLのファットバーガー (17ドル)とスキニーフライ (3.8ドル)

運ばれてきたチーズ(1.1ドル)を追加したXXXLのファットバーガー (17ドル)とスキニーフライ (3.8ドル)

まずはスキニーフライ Skinny Fries (3.8ドル)から食べてみます。

スキニーフライ 3.8ドル

スキニーフライ 3.8ドル

揚げたてのポテトは普通に美味しい!テーブルには塩やケチャップが置かれているので、好みの塩梅でいただけます。

続いてはいよいよ「THE FATBURGER」のXXXLサイズ、チーズトッピングありをいただきます!

見てくださいこの断面!

XXXLのファットバーガーの断面

XXXLのファットバーガーの断面

XXXLのバーガーは0.5lb(約226g)のパテがどーんと3枚も入っています!

あまりにも大きすぎてどうやって食べたらいいか悩みます(笑)

それにしてもお店の人にカットしてもらってよかった!

もしカットしてもらっていなかったら2人でどう食べたらいいのかさらに悩むところでした。

食べ方を悩んでいてもしょうがないので、とりあえずかぶりつくことに!

ちゃんと紙に包まれていることもあってか、かぶりついてもほとんどこぼすことなく食べられます!

味の方はというとこれがグッド!

焼いたばかりのパテはジューシーで肉の味がしっかりとしています。

追加でトッピングしたチーズもしっかりとチーズの味と香りが感じられてナイス!

半分とはいえ、340g以上あるパテを食べきれるかなーと思っていましたが、美味しいので全く問題なくどんどん食べ進められます。

半分くらい食べ進めたところで、一応写真を一枚パシャリ。

半分くらい食べたXXXLのファットバーガー

半分くらい食べたXXXLのファットバーガー

そのままでも美味しいですが、テーブルに置かれたブラックペッパーをかけたり、トマトケチャップをつけたりして味を変えることで、最後まで美味しくいただけました。

最後に

今回は今年4月に日本にも上陸したファットバーガーのラスベガス店に行ってきました!

約680gのパテが入ったXXXLのTHE FATBURGERのチーズトッピングは、注文してから焼き上げるパテがジューシーで肉肉しくてこれぞアメリカのハンバーガーという感じでめちゃめちゃ好みでした!

トッピングのチーズは入れて正解!
備え付けのブラックペッパーをかけるとまたグッド!
2人で半分ずつで量もちょうどよく、ペロリと平らげてしまいました!

XXXLだったから美味しかったのか確認するためにラージサイズくらいのものもまた食べに来たいと思います!

お店情報

■ファットバーガー ラスベガス (FATBURGER LAS VEGAS)
場所:3763 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
URL:https://www.fatburger.com/

海外旅行をワンラックアップするアメックスプラチナカード

海外旅行が好きならアメックス・プラチナ・カードがオススメ!

私たち出不精夫婦もメインカードとして利用しています。

年会費は高額ですが、以下のような旅行をワンランクアップした上質なものにしてくれる魅力的な特典がたくさんついています!

  • 海外利用でポイント3倍
  • 持っているだけでついてくるホテルの上級会員資格
    • 「Marriott Bonvoy」ゴールドエリート
    • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
    • 「Radisson Rewards」Goldエリートステータス
  • 高級ホテルでさまざまな特典がついてくるファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • 素敵なレストランを半額で楽しめる2 for 1 ダイニングby招待日和
  • 空港で無料利用できるセンチュリオンラウンジ
  • プライオリティパスの無料発行
  • 手厚い国内・海外旅行保険

私たちが感じているアメックス・プラチナ・カードのメリットはこちらの記事に詳しくまとめていますので、より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

現在入会特典として、入会後3カ月以内のカード利用で最大40,000ポイント獲得可能です!

具体的には利用額50万円、100万円でそれぞれ20,000ボーナスポイントゲットできます。

  • 入会後3ヶ月以内に50万円以上利用で、さらに20,000ボーナスポイント
  • 入会後3ヶ月以内に100万円以上利用で、さらに20,000ボーナスポイント

さらに100万円使った場合、100円につき1ポイント付与される通常ポイントが10,000ポイント貯まるので、合計50,000ポイントです。

また、アメックス・プラチナ・カード会員なら無料で登録できる「ボーナスポイントプログラム」に登録すれば、Amazon、Yahoo、JAL、HIS、アメックスオンライントラベル、iTunes Storeなどの対象オンライン加盟店での利用や海外での外貨決済での利用のポイントが3% (100円で3ポイント)もつくようになるので、対象の店舗や海外でのみ100万円利用した場合、30,000ポイントも貯まります。

海外旅行に行く前にアメックス・プラチナ・カードを作って、JALかHISかアメックスオンライントラベルで飛行機やホテルを手配して、海外旅行先でもアメックス・プラチナ・カードで外貨決済するようにすれば、人数の多い家族旅行などでは100万円くらいかかってしまうかもしれませんよね。

そうしたら、合計70,000ポイントゲットです!

70,000ポイントはANAマイル40,000マイルとJALマイル12,000に交換できますので、また旅行が捗りますね!

そんなアメックス・プラチナ・カードは下記の公式ページから詳細確認&申し込み可能です!

2枚目にオススメな年会費無料の楽天カード

旅行先でメインカードが使えなくなったり、紛失したりしたら大変!

クレジットカードは最低でも2枚以上持っていくのがオススメです。

そんな2枚目のクレジットカードに求めることは次の2つ!

  • 年会費が永年無料であること
  • 国際ブランドが多くの店舗で利用できるVisaもしくはMaster Cardであること

サブカードですから年会費は当然無料の方がいいですよね。

アメックスが使えない場合でもVisaかMaster CardならOKというお店もたまにありますので、国際ブランドはVisaかMaster Cardがオススメです。

この条件を満たすカードは色々ありますが特にオススメなのは楽天カードです。

楽天カード楽天市場楽天モバイルといった楽天のサービスを利用していたり、楽天ポイントをどんどん貯めたいなら絶対オススメ!楽天証券の積立投資にも利用できます!

国際ブランドはVisa、Master Card、JCB、アメックスから選べるので、サブカードならVisaかMaster Cardを選びましょう!

クレジットカードの年会費は一切払いたくないと言う方でしたら、楽天カードをメインカードとして使ってもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました