YouTubeも頑張ってます!ここをポチッとチャンネル登録お願いします!

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 5泊6日滞在記 2020年夏 その2 〜お部屋紹介編〜

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 5泊6日滞在記 2020年夏 その2 〜お部屋紹介編〜 ヒルトン ホテル

2020年7月1日にオープンしたばかりのヒルトン沖縄瀬底リゾートで5泊6日のステイケーションしてきました!

今回はその第2弾として、滞在したお部屋を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

YouTubeでもご覧いただけます!

今回紹介するお部屋の様子は動画でもご覧いただけます!!

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 5泊6日滞在記 2020年夏 その2 〜お部屋紹介編〜

出不精夫婦の旅チャンネル

ヒルトンホテル滞在記やハワイグルメ、タイムシェアのお部屋を動画で紹介しています!
よかったらチャンネル登録していただけると嬉しいです!
ここからポチッと簡単に登録できます!
スポンサーリンク

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのお部屋の種類

まずはこちらの海側から見たヒルトン沖縄瀬底リゾートの写真を見てみてください!

海側から見たヒルトン沖縄瀬底リゾート
海側から見たヒルトン沖縄瀬底リゾート

ご覧の通り、ヒルトン沖縄瀬底リゾートは全てのお部屋がオーシャンビュー

どの部屋に泊まっても窓からの景色は海になります!

お部屋の種類は以下の通り。

  • ゲストルーム
    • キングゲストルーム (36㎡)[2~6F]
    • ツインゲストルーム (36㎡)[2~6F]
    • キングバリアフリールーム(48㎡)[3F/1317号室]
  • デラックスルーム
    • キングデラックスルーム(36㎡)[7~8F]
    • ツインデラックスルーム(36㎡)[7~8F]
    • テラス付きキングデラックスルーム (36㎡)[1F/1113号室]
    • テラス付きツインデラックスルーム(36㎡)[1F/1102, 1103, 1106~1112, 1114, 1115, 1116号室]
  • エグゼクティブルーム
    • キングエグゼクティブルーム(36㎡)[9F]
    • ツインエグゼクティブルーム(36㎡)[9F]
    • テラス&アウトドアバス付きキングエグゼクティブルーム(36㎡)[2F/1217号室]
    • テラス&アウトドアバス付きツインエグゼクティブルーム(36㎡)[2F/1206~1216号室]
  • スイートルーム
    • キングデラックススイート(70㎡)[1~8F/1101, 1201, 1301, 1401, 1501, 1601, 1701, 1801号室]
    • キングプレミアムスイート(106㎡)[9F/1901号室]

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのお部屋は大きく分けるとゲストルーム、デラックスルーム、エグゼクティブルーム、スイートルームの4つのルームカテゴリーがあります。

そのうち、スイートルームとキングバリアフリールーム以外はお部屋の広さが全て同じ広さ(36㎡)になっています。

違いは階数でゲストルームは2〜6階、デラックスルームは7〜8階、エグゼクティブルームは9階となります。

また、例外として、デラックスルームにはテラス付きの部屋があり、こちらは1階に、エグゼクティブルームにはテラスとアウトドアバス付きの部屋があり、こちらは2階になります。

スイートルームは1〜9階に各1部屋ずつあり、1〜8階のキングデラックススイートが70㎡、最上階9階のキングプレミアスイートが106㎡と広々としたお部屋になっています。

スイートルームは海側から見て建物の一番左側
スイートルームは海側から見て建物の一番左側

上の写真の一番左側の角部屋がスイートルームとなっています。

広そうなベランダが外からも分かりますね!

スポンサーリンク

実際に滞在したキングエグゼクティブルームの紹介

今回も私たちは一番安く、必要ポイント数も一番少ない「キングゲストルーム」をヒルトンオナーズポイントを利用して5泊で予約しました。

キングゲストルームの予約に必要なポイントは1泊80,000ポイントで、ポイントでの宿泊もヒルトンオナーズの特典で5泊すると1泊分無料が適用されるので4泊分の320,000ポイントの消費です。

そして毎回楽しみなのがダイヤモンド特典でのお部屋の無料アップグレード!!

もしかしたらスイートルームへのアップグレードもあり得る?と期待していたのですが、残念ながら今回はキングエグゼクティブルームとなりました。

ただ残念と言っても2ランクアップ!!

最上階の9階のお部屋ということでありがたいことです。

そんなキングエグゼクティブルームのお部屋がこちら!

キングエグゼクティブルームのお部屋
キングエグゼクティブルームのお部屋

キングサイズのベッドの大きさは180cm x 203cmで広々!

180cm x 203cmのキングサイズのベッド

ベッドの横には大きめで縁が付いていて使いやすそうな木製のサイドテーブルが両サイドに置かれています。

ベッド横のサイドテーブル

サイドテーブルの上には部屋の明かりをON/OFFできるコントロールパネルがこちらも両サイドについています。

ベッドサイドのコントロールパネル
ベッドサイドのコントロールパネル

コントロールパネルにはUSBコンセントがシングルコンセントが1ポートずつついています。

こちらは窓際に置かれたテーブル&チェア

窓際のテーブル&チェア
窓際のテーブル&チェア

そしてベランダにも小さなテーブルと椅子が置かれています。

ベランダのテーブルと椅子
ベランダのテーブルと椅子

ベランダからの景色はまさにオーシャンビュー!

ベランダからの景色
ベランダからの景色

海の向こうには左に水納島、右に伊江島がよく見えます!

下を覗くと敷地内の屋外プールなどもよく見えます。

中に戻ってベッドの前の写真です。

ベッドの前の写真
ベッドの前の写真

テレビと冷蔵庫や食器などの入ったテーブルが置かれています。

テレビは50インチの液晶テレビで手前に引っ張り出す事ができます。

ベッドからより大画面でテレビをみたいという場合や、窓際のテーブル席からテレビをみたい場合は、引っ張り出して向きを調整する事ができます。

テレビの右側には電話、目覚まし時計、ティッシュボックス。

電話、目覚まし時計、ティッシュボックス
電話、目覚まし時計、ティッシュボックス

テーブルの上にはエスプレッソマシン。

エスプレッソマシン
エスプレッソマシン

エスプレッソマシンの横にはノリタケのカップ&ソーサー。

ノリタケのカップ&ソーサー
ノリタケのカップ&ソーサー

冷蔵庫は小さめです。

ミニ冷蔵庫
ミニ冷蔵庫

冷凍機能はない冷蔵庫でした。

冷蔵庫の中
冷蔵庫の中

小型ですが、冷却能力はなかなかでお水を入れておくといい感じに冷えてました。

引き出しの一番上にはお茶のセット。

お茶のセット
お茶のセット

2段目にはワイングラスとタンブラー。

ワイングラスとタンブラー
ワイングラスとタンブラー

3段目にはアイスペールと湯沸かしポットがありました。

アイスペールと湯沸かしポット
アイスペールと湯沸かしポット

続いてこちらは入り口入ってすぐ左にあるクローゼットとチェストです。

クローゼットとチェスト
クローゼットとチェスト

チェストの上にはスーツケースをおけそうですが、私たちのは大きすぎてのりませんでした。

クローゼットを開けるとアイロン、アイロン台、靴ベラ、室内スリッパ、ハンガーが6つと、プールに持って行くと良さそうな麻のバッグが入っていました。

クローゼットの中
クローゼットの中

プールに持って行くのに良さそうな麻のバッグはこんな感じです。

麻のバッグ
麻のバッグ

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのロゴが入ってます。

このバッグ、宿泊者は無料で持ち帰ってOKとのこと。

チェストの中にはセキュリティーボックス。

セキュリティボックス
セキュリティボックス

その下にはパジャマが入っています。

パジャマ
パジャマ

さらにその横にはバスローブも入っていました。

バスローブ
バスローブ

クローゼットの向かいは洗面台です。

洗面台
洗面台

水道の水圧は強めなので、何気なくコップに水を注ぐと洗面台がビシャビシャになってしまうので注意が必要です。

オープンして間もないホテルということもあるかも知れませんが、バスタオルはふかふか!

ふかふかなバスタオル
ふかふかなバスタオル

トイレはもちろん温水洗浄便座です。

温水洗浄便座
温水洗浄便座

バスルームはガラス張りで、ベッドルームから丸見えなタイプ。

もちろんブラインドを下ろすこともできます。

バスルーム
バスルーム

バスタブは大人が足を伸ばして入れるくらい大きくて快適!

シャワーの強さも十分でしっかり洗う事ができました!

スポンサーリンク

最後に

今回はヒルトン沖縄瀬底リゾート 5泊6日滞在記 2020年夏の第2弾として、滞在したお部屋を紹介しました!

沖縄っぽさはないですが、必要なものは全て揃っていて過ごしやすいヒルトンぽいお部屋という感じで、5日間快適に過ごす事ができました!

第3弾 施設紹介 前編はこちら!

ホテル情報

↓↓予約はこちら↓↓