▶︎永久含む!ヒルトンダイヤモンド会員になる方法

ヒルトン沖縄北谷リゾート 10泊11日滞在記 2021年5月

ヒルトン沖縄北谷リゾート 10泊11日滞在記 2021年5月ヒルトン沖縄北谷リゾート
ヒルトン沖縄北谷リゾート
スポンサーリンク
この記事を書いた人
出不精夫婦

お得とお酒と食べることが大好き!

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

ヒルトン系列のホテルにも滞在します。ダイヤモンド会員特典を最大限活用して朝食無料やエグゼクティブラウンジを満喫してます!

ダイヤを狙うならヒルトンアメックスプレミアムカードの発行がオススメです!
詳細はこちら!
永久ダイヤモンド含む!ヒルトンオナーズダイヤモンド会員になる方法 まとめ

また、私たちが実践しているヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法をこちらの記事にまとめています!

ヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法まとめ

YouTubeにも力を入れてます!

よろしければチャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!

2年ぶりにヒルトン沖縄北谷リゾートで10泊11日のステイケーションしてきました!

今回も完全にホテル内で過ごすお篭り滞在です。

朝食は3階のビュッフェレストラン「スリユン」で毎日様々な沖縄料理を楽しみ、 朝食後はお部屋でしばらくのんびり。

午後はジムで汗を流してからプールでのんびり。

夜は3階のロビーラウンジ「マール」で実施していたカクテルタイムで無料のお酒とプレートメニューを楽しみながら、「マール」のアラカルトメニューもいただきました!

まったり沖縄を堪能できました!!

スポンサーリンク

ヒルトン沖縄北谷リゾートへのアクセス

今回、ゴールデンウィークが終わってすぐ後の閑散期を狙ってヒルトン沖縄北谷リゾートに行ってきました。

沖縄にはまだ緊急事態宣言が出ていない時期でしたが、なるべく人に接触しないように那覇空港から空港リムジンバスに乗って直接ヒルトン沖縄北谷リゾートに向かいました。

リムジンバスの乗車チケットは以前は那覇空港のカウンターで当日購入する必要がありましたが、いつの間にか「発車オーライネット」というサイトで事前に購入することができるようになっていたので、今回はこちらであらかじめ購入しておきました。

空港リムジンバスを利用する場合、ヒルトン沖縄北谷リゾートに直接向かえる空港リムジンバスは本数が多くないので飛行機の時間と合わせないと空港で時間を潰さないといけなくなってしまいますので注意が必要です。

特に今回は新型コロナウィルスの影響か以前は1日4便あったのが2便しかなくなっていました。

空港リムジンバスを利用する際は「発車オーライネット」でリムジンバスの出発時刻を確認して予約もしておき、その時刻に合わせて飛行機も予約するようにすると時間を無駄にすることがなくなります。

2017年に訪れた際の記事ですが、こちらの記事で空港リムジンバスについて書いていますのでよろしければご覧ください。

ちなみに今回のバスはこの時のバスより綺麗な新しいバスになっていました!

スポンサーリンク

エグゼクティブ オーシャンビュールーム(キングベッド)のお部屋にアップグレード!

続いて今回滞在したお部屋の紹介です。

今回もヒルトンオナーズのダイヤモンド会員特典でお部屋のアップグレードをしていただきました!

お部屋のタイプは「エグゼクティブ オーシャンビュールーム (キングベッド)」で2017年に泊まったお部屋と全く同じお部屋でした。

お部屋の様子は前回泊まった時と特に変わったところはありません。

ヒルトン沖縄北谷リゾート オーシャンビュールーム(キングベッド)のお部屋
ヒルトン沖縄北谷リゾート オーシャンビュールーム(キングベッド)のお部屋

窓からの景色はダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷が出来きたり、着実に発展している感じです。

ヒルトン沖縄北谷リゾート 滞在したお部屋からの景色
ヒルトン沖縄北谷リゾート 滞在したお部屋からの景色

ウェルカムアメニティーも前回と変わっていました。

前回はチョコレート、クッキー、マカロンなどのお菓子の盛り合わせでしたが、今回はプリンとバスソルトでした。

このプリン、ヒルトン沖縄北谷リゾートのプライベートブランドご当地プリンで「ちゃたんの塩(まーす)ぷりん」という商品です。

ホテル3階にあるラウンジ「マール」でも販売されていてなんと1個500円もする高級品でした!

ダイヤモンド特典で頂いたプリンとバスソルト
ダイヤモンド特典で頂いたプリンとバスソルト

頂いたプリンはエグゼクティブラウンジで早速いただきました!

頂いたプリンは早速エグゼクティブラウンジで頂きました
頂いたプリンは早速エグゼクティブラウンジで頂きました

塩プリンというだけあって甘じょっぱい美味しいプリンでした!

ヒルトン沖縄北谷リゾートへのアクセスと今回滞在したお部屋の中の様子はこちらの動画でもご覧いただけます!

#1 アクセス&お部屋紹介編 ヒルトン沖縄北谷リゾート 2021年5月 10泊11日滞在記 エグゼクティブ オーシャンビュールーム(キングベッド)

ヒルトン沖縄北谷リゾートの屋内施設

続いてヒルトン沖縄北谷リゾートの屋内施設の紹介です。

エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジの営業時間は7:00〜21:00で、朝食、イブニングカクテル、オールデイスナックというサービスが以下の時間で提供されます。

朝食7:00~10:00
イブニングカクテル17:00~19:00
オールデイスナック7:00~21:00
エグゼクティブラウンジで提供されるサービスと提供時間

ただ、私たちが滞在した際は、コロナの影響もあって、朝食は3階のビュッフェレストラン「スリユン」、イブニングカクテルは3階ロビーラウンジ「マール」での提供で、エグゼクティブラウンジではオールデイスナックのみの提供でした。

そんなエグゼクティブラウンジの様子がこちら。

ヒルトン沖縄北谷リゾートのエグゼクティブラウンジ
ヒルトン沖縄北谷リゾートのエグゼクティブラウンジ

オールデイスナックで提供される無料のスナックとドリンクはこちらにあります。

終日利用可能なドリンクとスナック
終日利用可能なドリンクとスナック

ドリンクはコーヒーや紅茶だけでなく牛乳やオレンジジュース、沖縄らしいシークワーサージュースやさんぴん茶なんかもあります。

スナックも沖縄らしいものが用意されています。

こちらはホテルシグネチャークッキーとサーターアンダギーです。

ホテルシグネチャークッキーとサーターアンダギー
ホテルシグネチャークッキーとサーターアンダギー

シグネチャークッキーは紅芋が使われています。

そのほかにも柿の種やミックスナッツもありますし、

柿の種とミックスナッツ
柿の種とミックスナッツ

栄養がありそうなシリアルバーなんかもありました。

シリアルバー
シリアルバー

今回の滞在ではエグゼクティブラウンジで朝食、イブニングカクテルが実施されていなかったので、終日エグゼクティブラウンジには人があまりいませんでしたが、その静かな環境を利用してかPCとディスプレイを持ち込んで仕事をされている方とか(米軍関係者の方でしょうか?)、チェックイン、チェックアウト後の待ち時間に利用されている方とか、チラホラとエグゼクティブラウンジを活用されている方もいました。

私たちはお部屋に掃除に入っている間にエグゼクティブラウンジに避難するという使い方をしました。

フィットネスジム

続いてこちらは毎日お世話になったフィットネスジムです。

ヒルトン沖縄北谷のフィットネスジム
ヒルトン沖縄北谷のフィットネスジム

広さはそこそこといった感じで、筋トレ器具は万能マシン1台のみですが、トレッドミルが3台あって必要十分な環境です。

滞在中はお腹を空かせてイブニングカクテルに臨むため、毎日こちらで走ってました。

以前はトレッドミル用のイヤホンが用意されていて、音を含めてテレビを見ながら走ることができたのですが、コロナの影響かイヤホンの用意はなくなっていました。

ですので、音を聞きながら走りたい場合は自分でイヤホンを用意する必要があります。

コインランドリー

ヒルトン沖縄北谷リゾートには長期滞在にありがたいコインランドリーが用意されています。

コインランドリーはフィットネスジムのすぐ隣にあって、洗濯機と乾燥機がそれぞれ5台ずつ設置されています。

洗濯機は1回300円で、乾燥機は20分100円です。

私たちは滞在の真ん中あたりで5日分の洗濯物を洗濯してみました。

洗濯機は1回300円で問題なく洗えましたが、乾燥機は60分回したところまだ湿っていたのでさらに20分回して合計80分、400円かかりました。

毎週土曜日の花火

私たちが滞在した時期には毎週土曜日に、新型コロナウイルス収束の願いと医療従事者へのエールが込められた花火が北谷町美浜から打ち上げられていました。

土曜日の花火
土曜日の花火

ちょっと得した気分になりました。

ヒルトン沖縄北谷リゾートの屋内施設の様子はこちらの動画でもご覧いただけます。

#2 屋内施設紹介編 ヒルトン沖縄北谷リゾート 2021年5月 10泊11日滞在記 ロビー、レストラン、エグゼクティブラウンジ、ショップ、フィットネスジム、コインランドリーに最後は花火!

ヒルトン沖縄北谷リゾートのプール

ヒルトン沖縄北谷リゾートの魅力の一つと言えばやっぱりプール!

ヒルトン沖縄北谷リゾートに宿泊するとダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷のプールも含めて4つの屋外プールと1つの屋内プールを無料で利用することができます。

ラグーンプール

こちらはヒルトン沖縄北谷リゾートのラグーンプールです。

ラグーンプールの外観
ラグーンプールの外観

子供用の浅瀬のプールの他に大小2つのスライダーが設置されています。

ラグーンプール
ラグーンプール

大きなスライダーの近くにはジャグジーも設置されていて運動で疲れた体をマッサージするのに最適です。

ラグーンプール
ラグーンプール

ラグーンプールには守り神?なのかこんな猿のカップル?がいます。

ラグーンプールにいる仲良しな猿
ラグーンプールにいる仲良しな猿

ある日はプールサイドに来てみたり、

ある日はプール側の芝生でくつろいだりしてます。

今日は芝生でくつろぐ猿
今日は芝生でくつろぐ猿

カスケードプール

こちらもヒルトン沖縄北谷リゾートにあるカスケードプールです。

カスケードプールの外観
カスケードプールの外観

私たちが滞在した時はカスケードプールはオープンしていませんでした。

カスケードプール
カスケードプール

カスケードプールには水中ソファーがあったり、カップルでくつろぐようなソファーがあったりと大人向けのプールになっています。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷のプール

続いてダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷のプールです。

ダブルツリーのプール外観
ダブルツリーのプール外観

ダブルツリーにもプールが2つあります。

こちらは大人向けのプールになるでしょうか。

ダブルツリーのメインプール
ダブルツリーのメインプール

プールの周りにチェアーやカバナが設置されていてプールサイドでのんびりくつろぐような形になってます。

こちらはもう一つのスライダー付きのプールです。

ダブルツリーのスライダー付きプール
ダブルツリーのスライダー付きプール

ヒルトン沖縄北谷リゾートのスライダーよりこちらの方がちょっと立派な感じです。

プールエリアにはこんなアスレチックも用意されていて子供たちが喜びそうです。

ダブルツリーのプールエリアにある遊具
ダブルツリーのプールエリアにある遊具

室内プール

最後に室内プールの紹介です。

日光は浴びたくないけどプールには浸かりたいなんて場合に活躍です。

ヒルトン沖縄北谷リゾートの室内プール
ヒルトン沖縄北谷リゾートの室内プール

室内プールの横にはサウナが設置されていますが、今回の滞在ではコロナの影響で閉鎖されていました。

サウナは閉鎖されていました
サウナは閉鎖されていました

ヒルトン沖縄北谷リゾートのプールの様子についてはこちらの動画でもご覧いただけます。

#3 プール紹介編 ヒルトン沖縄北谷リゾート 2021年5月 10泊11日滞在記 3つの屋外プールと1つの屋内プールを全部紹介します!

様々な沖縄料理が楽しめるビュッフェレストラン「スリユン」での朝食ビュッフェ

続いては朝食の紹介です。

通常はエグゼクティブラウンジでの朝食ブッフェも楽しめるのですが、今回は新型コロナの影響でエグゼクティブラウンジでの朝食は提供されず、10日間、3階のビュッフェレストラン「スリユン」での朝食となりました。

スリユンの朝食ビュッフェは種類が豊富で沖縄料理と言えばという沖縄料理が大体食べられるんですよね!

私たちは沖縄料理が好きなので10日間毎日とっても楽しめました!

こちらはある日の朝食です。

スリユンでの朝食ビュッフェ
スリユンでの朝食ビュッフェ

豆腐チャンプルーに沖縄味噌汁、サラダにチャーハン、納豆なんかを取ってます。

沖縄味噌汁には玉ねぎ、にんじん、の他沖縄っぽい具材として、スパムや島豆腐が入っています。

味噌汁は日替わりで豚肉のたっぷり入った沖縄風豚汁(イナムルチ)やゆし豆腐スープ、もずくスープなんかも出てきてどれも美味しいんですよ。

味噌汁とチャンプルーが毎日食べられて幸せでした!

スリユンでの朝食ビュッフェ
スリユンでの朝食ビュッフェ

こちらはフーチャンプルーと焼きそばにポーク玉子です。

チャンプルーの中でもフーチャンプルーが一番好きなんですよねー!

スリユンのフーチャンプルーはしっかりと味がついていて絶品です。

ポーク玉子はスパムを卵で包んだ卵料理です。

ライブキッチンで作ってもらえます。

ポークたまごと焼きそばとチャンプルー
ポークたまごと焼きそばとチャンプルー

こちらも沖縄っぽい料理。

沖縄の炊き込みご飯、ジューシーともずくのスープです。

ジューシーともずくスープ
ジューシーともずくスープ

そしてこちらが最終日に特別に作ってもらったエッグベネディクトです!

最終日に特別に作ってもらったエッグベネディクト
最終日に特別に作ってもらったエッグベネディクト

10日も毎日通うとすっかりスタッフの方にも覚えてもらえて、最終日前日に何かリクエストがあったら作りますよーと言ってもらえました。

いつもの料理で大満足だったので特にリクエストはなかったのですが、エッグベネディクトなんかどうですか?というので作っていただきました!

サーモンエッグベネディクトでした
サーモンエッグベネディクトでした

エッグベネディクトにはサーモンが入っていて美味しかったです。

いやー、ほんとスリユンの朝食、美味しくて飽きないですねー!

私たちはパンをあまり食べませんが、スリユンはパンの種類も多いですし、沖縄料理はそんなに好きじゃないという方でも楽しめると思います。

こんな朝食が無料でついてくるヒルトンオナーズのゴールド、ダイヤモンドステータスは神ですね!

お得にヒルトン沖縄北谷リゾートを楽しみたいならゴールド以上のステータスを持っていくことをおすすめでします!

サクッとゴールドステータスを取るならクレジットカードを作るのが一番!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

今回の朝食の様子はこちらの動画でもご覧いただけます!

ビュッフェ台の料理を全部紹介しているところもありますのでどんな料理が食べられるのか知りたい方はぜひ見てみてください。

#4 スリユンで朝食ビュッフェ編 ヒルトン沖縄北谷リゾート 2021年5月 10泊11日滞在記 沖縄料理満載の朝食ビュッフェを10日間毎日楽しみました!

ロビーラウンジ「マール」でイブニングカクテルと夕食!

朝食と同じく楽しみなのがお酒と簡単な料理が無料でいただけるイブニングカクテルです!

今回のイブニングカクテルはエグゼクティブラウンジでなく、3階のロビーラウンジ「マール」での実施でした。

開放感のある「マール」でのイブニングカクテルもなかなか良かったです。

ラウンジ「マール」の様子

そんなマールの様子がこちら。

カクテルタイムと夕食を楽しんだラウンジ「マール」
カクテルタイムと夕食を楽しんだラウンジ「マール」

全面ガラス張りということもあり、開放感があってとっても広く感じます。

全面ガラス張りのラウンジ「マール」
全面ガラス張りのラウンジ「マール」

こんなサンセットを見ながらお酒と料理が楽しめます。

サンセットが綺麗なラウンジ「マール」
サンセットが綺麗なラウンジ「マール」

夜のラウンジ「マール」も雰囲気あります。

夜になって雰囲気の良いラウンジ「マール」
夜になって雰囲気の良いラウンジ「マール」

ラウンジマールでのカクテルタイム

イブニングカクテルの時間は17:00〜19:00の2時間で飲み物とこんなプレートメニューが無料でいただけます。

カクテルタイムのドリンクと料理
カクテルタイムのドリンクと料理

プレートメニューはお代わりもできました。

カクテルタイムのドリンクと料理
カクテルタイムのドリンクと料理

プレートメニューの中身は毎日ちょっとずつ変わっていて毎日楽しめました。

カクテルタイムのドリンクと料理
カクテルタイムのドリンクと料理

プレートメニュー以外にもポットに入ったサラダやフルーツ、オイル漬けのオリーブ、野菜のピクルスなんかも食べ放題でした。

カクテルタイムのドリンクと料理
カクテルタイムのドリンクと料理

ある日はこんな広々とした席でイブニングカクテルです。

カクテルタイムのドリンクと料理
カクテルタイムのドリンクと料理

こちらのプレートメニューはお肉多めですね。

ある日のプレートメニュー
ある日のプレートメニュー

一番良かったのがこのプレート。

カクテルタイムのプレートメニュー
カクテルタイムのプレートメニュー

右上のフライドチキンが最高でした。

それと、こんなデザートも毎日3種類用意されていました。

カクテルタイムで無料で食べられるデザート
カクテルタイムで無料で食べられるデザート

イブニングカクテルのドリンク

イブニングカクテルの飲み物はビールがオリオンビールドラフト、アサヒスーパードライの2種類で、ワインはもちろん、泡盛もありました。

オリオンビールで乾杯!
オリオンビールで乾杯!

こちらは白ワインとスパークリングワインです。

無料でいただけるワイン類
無料でいただけるワイン類

ワインはイタリアンレストラン「コレンテ」で余ったワインが出ることもありました。

スパークリングワインで乾杯!
スパークリングワインで乾杯!

コレンテは私たちの滞在時、週末の金曜日と土曜日のみの営業だったので、日曜日に美味しいワインがいただけました。

赤ワインで乾杯!
赤ワインで乾杯!

ワイン好きの方はコレンテの営業日も意識して予約するのがいいかもしれません。

例えば、今回の滞在ではこんなアルゼンチンの赤ワインや、

特別に出してもらったアルゼンチンのカベルネ
特別に出してもらったアルゼンチンのカベルネ

カリフォルニアの白ワイン、

特別に出してもらった白ワイン
特別に出してもらった白ワイン

イタリアの赤ワインをいただけました。

特別に出してもらった赤ワイン
特別に出してもらった赤ワイン

どのワインも美味しくて最高でした。

マールのアラカルト料理(有料)

ラウンジ「マール」ではイブニングカクテルの料理の他、アラカルトメニューを注文していただくこともできました。

お酒好きの私たちにとって無料でいただけるイブニングカクテルのお酒を一緒にいただける料理の選択肢が増える料理が注文できたのは最高でした!

こちらはマールのアラカルトメニューその1。

ラウンジ「マール」のアラカルトメニュー
ラウンジ「マール」のアラカルトメニュー

メイン料理は滞在中に全部注文してみたので後で写真と共に紹介します!

こんなヒルトンバーガー達も注文できます。

ヒルトンバーガーのメニュー
ヒルトンバーガーのメニュー

さらにサンドイッチやスナック類も注文できました。

ラウンジ「マール」のフードメニュー
ラウンジ「マール」のフードメニュー

ダブルビッグバーガー

初日に頼んだのがこちら!

ヒルトンバーガーのメニューからダブルビッグバーガーです。

ダブルビッグバーガー
ダブルビッグバーガー

名前の通り分厚いパテが2枚とレタス、チーズ、トマトといったオーソドックスな具材が入ったボリューミーなバーガーでした。

ダブルビッグバーガーの中身
ダブルビッグバーガーの中身

個人的にはハンバーグのパテはもうちょっと肉肉しいものが好みでしたが十分美味しいバーガーでした。

沖縄県産あぐー豚の厚切りソテー ジンジャーソース ゴーヤーの付け合わせ

2日目に注文したのがこちら。

沖縄県産あぐー豚の厚切りソテー ジンジャーソース ゴーヤーの付け合わせです。

沖縄県産あぐー豚の厚切りソテー ジンジャーソース ゴーヤーの付け合わせ
沖縄県産あぐー豚の厚切りソテー ジンジャーソース ゴーヤーの付け合わせ

こちらはホテルのスタッフさんオススメの一品です。

メインの料理の他にサラダ、スープ、パンまたはライスがついてきました。

あぐー豚の厚切りソテーにはスープとサラダとパンまたはライスがつきます
あぐー豚の厚切りソテーにはスープとサラダとパンまたはライスがつきます

沖縄のブランド豚「あぐー豚」を使用したポークソテーでジンジャーソースをかけて食べるので味は豚の生姜焼きのような感じでした。

分厚いお肉ですが柔らかくて豚の味もしっかりで美味しい料理でした。

フライドチキン

3日目はスナックメニューからフライドチキンを頼んでみました。

フライドチキン
フライドチキン

アメリカっぽいフライドチキンを期待したのですが、唐揚げっぽいやつが来ました。

もちろん美味しいのですが唐揚げは朝食ブッフェでも食べられるのでちょっと残念。。

あぐーベーコンのカルボナーラスパゲティー

ということでこの日はもう1品、あぐーベーコンのカルボナーラスパゲティーも注文してみました。

あぐーベーコンのカルボナーラスパゲティー
あぐーベーコンのカルボナーラスパゲティー

ニンニクの効いたクリームスープが美味しいパスタでした。

ビーフサーロインステーキ シャロットソース マッシュポテト添え

4日目は大物、ビーフサーロインステーキ シャロットソース マッシュポテト添えを注文してみました。

ビーフサーロインステーキ シャロットソース マッシュポテト添え
ビーフサーロインステーキ シャロットソース マッシュポテト添え

250gの分厚いステーキで肉肉しいステーキです。

ステーキにもサラダ、スープ、パンまたはライスがついてきます。

ビーフサーロインステーキにもスープ、サラダ、パンまたはライスがつきます
ビーフサーロインステーキにもスープ、サラダ、パンまたはライスがつきます

ガッツリお肉を食べたい場合はおすすめです。

スライダーズ

5日目はヒルトンバーガーからスライダーズにしてみました。

スライダーズ
スライダーズ

スライダーズは3つの小さなハンバーガーのセットで、トマト、レタス、オニオン、チーズの入ったオーソドックスなもの、アボカドが入ったもの、きゅうりの入った照り焼きソースのものがセットになってました。

3つの味が楽しめるバーガーでおつまみにいいなと思いました。

タイ風ビーフマッサマンカレー ライス添え

6日目はタイ風ビーフマッサマンカレーにしてみました。

タイ風ビーフマッサマンカレー ライス添え
タイ風ビーフマッサマンカレー ライス添え

こちらのマッサマンカレー、ココナッツの香りがそこまで強くなく、誰でも美味しいと思えるんじゃないかと思う味わいでマッサマンカレー初心者にもオススメ!

味が濃い目でしっかりしているのでおつまみとしてもいただけます。

予想以上に美味しかったので9日目にも2度目のマッサマンカレーを注文しちゃいました。

2回目のタイ風ビーフマッサマンカレー
2回目のタイ風ビーフマッサマンカレー

2回目のマッサマンカレーは器が変わっていて、気持ち具材のお肉が多くなって、味は少しマイルドになったような気がしました。

タマン(ハマフエフキ)のソテー バルサミコバターソース グリル野菜添え

お魚も食べてみようということで8日目に注文したのがタマン(ハマフエフキ)のソテー バルサミコバターソース グリル野菜添えです。

タマン(ハマフエフキ)のソテー バルサミコバターソース グリル野菜添え
タマン(ハマフエフキ)のソテー バルサミコバターソース グリル野菜添え

タマンにもスープ、サラダ、パンまたはライスがついてきます。

タマンのソテーにもスープ、サラダ、パンまたはライスがつきます
タマンのソテーにもスープ、サラダ、パンまたはライスがつきます

タマンという魚を知らなかったので事前にググってみたところ、ちょっと生臭いとか書かれていたので心配していましたが、全く生臭いことなく、美味しい白身のお魚でした!

ボリュームもあって、バルサミコソースもいいお味でお魚好きなら食べて損はないのではと思いました。

ハワイアンロコモコプレートディッシュ

7日目と最終日の10日目に注文したのがこちら!

ハワイアンロコモコプレートディッシュです。

ハワイアンロコモコプレートディッシュ
ハワイアンロコモコプレートディッシュ

こちらのロコモコが今回の滞在で私たちが食べた料理で一番好みでした。

ご飯の上に分厚いハンバーグがドーンとのっかていて、その上に目玉焼き2つとオニオンリングが乗っかったかなりボリューミーな一品です。

特に気に入ったのがこのハンバーグ!

ハワイアンロコモコプレートディッシュのハンバーグの断面
ハワイアンロコモコプレートディッシュのハンバーグの断面

分厚いだけでなく、とっても肉肉しくて好みのハンバーグでした!

ヒルトンバーガーのパテもこれくらい肉肉しかったらもっと好みなのになーと思いました。

滞在中2回注文したロコモコですが、マッサマンカレーと同じく、1回目と2回目でソースが結構変わっていると感じました。

その日にいるシェフによってちょっと変わってくるんでしょうか?

いずれにしても美味しかったので色々な味が楽しめると思えばいいのかなーと納得しました。

夕食の様子も動画でご覧いただけます。

#5 マールでカクテルタイム&夕食編 ヒルトン沖縄北谷リゾート 2021年5月 10泊11日滞在記 無料のお酒と共にロビーラウンジマールのアラカルトメニューを食べまくりました!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は2021年5月に行ってきたヒルトン沖縄北谷リゾートを紹介しました。

ダブルツリーのプールを見に行く以外に外にはほとんど出なかった完全お篭り滞在でしたが、朝食も夕食もおいしくて、お酒も毎日楽しめて、大満足な滞在となりました。

スタッフの皆さんもとっても親切で、気持ちよく過ごすことができたのでまた行きたい思います!

ホテル情報

↓↓↓↓↓予約はこちら↓↓↓↓↓

ヒルトン沖縄北谷リゾートの予約はHPCJもしくは公式サイトからの予約がお得です!

お得な理由を詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください!

ヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法まとめ

いつも利用している宿泊予約サイトで予約したい方はこちら!

ヒルトン好きにオススメのヒルトンアメックスプレミアムカード

日頃からヒルトンホテルを活用しているヒルトン好きな方にはヒルトンオナーズ提携クレジットカードヒルトンアメックスプレミアムカードがオススメです。

オススメなポイントはこちら!

  • 保有するだけでヒルトンオナーズゴールド会員資格が手に入り年間200万円の利用でヒルトンオナーズ最上級のステータスであるダイヤモンド会員資格が手に入る。
  • コンラッドやウォルドルフ・アストリアを含む国内外ほとんど全てのホテルで利用できるウィークエンド無料宿泊が1年更新ごとに無条件で1泊、年間300万円の利用でさらにもう1泊もらえる。
  • ヒルトンホテルでの支払いにヒルトンアメックスプレミアムカードを利用すると100円につき7ポイントものヒルトンオナーズポイントがもらえる。ヒルトン以外でも100円につき3ポイントもらえる。

最大1ベッドルームスイートまでお部屋を無料アップグレード、朝食無料エグゼクティブラウンジも無料で利用できる最上級のステータス、ヒルトンオナーズダイヤモンド会員資格を宿泊実績がなくてもカード利用だけで手に入れることができるクレジットカードはヒルトンアメックスプレミアムカード以外では最強ブラックカードのアメックス・センチュリオンカードくらいしかありません。

ダイヤモンドが欲しいけどヒルトンの宿泊実績がどうしても足りない!という方にとってはダイヤモンドを獲得するもう1つの有力な選択肢になりますね!

また、ダイヤモンドまでは必要ない、200万円も使わない、むしろカードはほとんど利用しないといった方でもヒルトン好きならヒルトンアメックスプレミアムカードはオススメです。

その理由はウィークエンド無料宿泊

ウィークエンド無料宿泊をコンラッド東京、コンラッド大阪、旧軽井沢KIKYO キュリオといった高級ホテルで、GWや夏休み、年末年始といった繁忙期に利用すればウィークエンド無料宿泊だけでも年会費66,000円の元が取れます。

これらのホテルに繁忙期に毎年必ず行くことにすれば、例えカードを1度も利用しなくてもヒルトンアメックスプレミアムカードを持つ価値があります。

さらに、ヒルトンホテルでの支払いにヒルトンアメックスプレミアムカードを利用すると100円につき7ポイントものヒルトンオナーズポイントがもらえる点も魅力!

ヒルトン以外の利用でも100円につき3ポイントもらえるのでどんどんヒルトンオナーズポイントが貯まります!

そんなヒルトンアメックスプレミアムカードの公式サイト&お申し込みはこちら!

今なら最大146,000ポイント獲得可能!コンラッド東京に2泊できます!

さらに詳しい情報についてはこちらの記事をご覧ください!

もっと手軽にヒルトンゴールド会員特典を試してみたいなら

ヒルトン好きにはヒルトンアメックスプレミアムカードがオススメですが、まだそれほどヒルトンに馴染みがないけれど、ゴールド会員特典てどんなものなの?ちょっと試してみたいなと興味があるような方には、より安価な年会費でゴールド会員資格が手に入るヒルトンアメックスカードという選択肢もあります。

ヒルトンアメックスカード保有するだけで、エグゼクティブルームまでのお部屋の無料アップグレードや朝食無料などの特典がついてくるヒルトンオナーズゴールド会員資格を年会費16,500円で無条件でもらえます。

まずはヒルトンアメックスカードを作ってみて、ゴールド会員特典を実際に体験してみて、いいなと思ったらヒルトンアメックスプレミアムカードにアップグレードするという方法もありかと思います。

そんなヒルトンアメックスカードはこちらの公式サイトから申し込ます。

今なら最大54,000ポイント獲得可能!ヒルトン東京お台場に1泊できます!

ヒルトンアメックスカードについてのさらに詳しい特徴はこちらの記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました