▶︎永久含む!ヒルトンダイヤモンド会員になる方法
スポンサーリンク

【高コスパ】ヒルトンアメックスカードの特徴まとめ。持つだけでヒルトンゴールド会員で年会費もヒルトンに2泊もすれば元が取れる!

【高コスパ】ヒルトンアメックスカードの特徴まとめ。持つだけでヒルトンゴールド会員で年会費もヒルトンに2泊もすれば元が取れる!ヒルトン ホテル
プロフィール
出不精夫婦

お得とお酒と食べることが大好き!

主にヒルトンのタイムシェアを利用して世界中のリゾートを夫婦2人で旅行してます。タイムシェアを利用した宿泊は年間90泊以上。ハワイには毎年10週間(70日)滞在します。ラスベガスやメキシコにもよく行きます。

ヒルトン系列のホテルにも滞在します。ダイヤモンド会員特典を最大限活用して朝食無料やエグゼクティブラウンジを満喫してます!

ダイヤを狙うならヒルトンアメックスプレミアムカードの発行がオススメです!
詳細はこちら!
永久ダイヤモンド含む!ヒルトンオナーズダイヤモンド会員になる方法 まとめ

また、私たちが実践しているヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法をこちらの記事にまとめています!

ヒルトンホテルにお得に安く泊まる方法まとめ

YouTubeにも力を入れてます!

よろしければチャンネル登録お願いします!

出不精夫婦のYouTubeチャンネルはこちら

Twitter、Facebook、インスタ、YouTubeもやってます!

2021年3月9日にヒルトンもアメックスも大変お世話になっている私達にとって見過ごせないクレジットカードが日本にも誕生しました!

その名もヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです!

今回はこの2つのクレジットカードのうちヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード(以下ヒルトンアメックスカード)の特徴をまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

ヒルトンアメックスカードを作った方が良い方は?

まず、ズバリ結論から言いますと、

年1回以上はヒルトン系列ホテルを利用するけどヒルトンオナーズゴールド会員資格を持っていない方

ヒルトンアメックスカードを作った方がお得です!

ただし、ヒルトンオナーズダイヤモンド会員を狙っている方やヒルトン系列ホテルを結構利用する方は上位クレジットカードのヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの方がよりお得になるかと思います。

以下ではその理由を詳しく説明していきます!

スポンサーリンク

ヒルトンアメックスカードの特徴

ヒルトンアメックスカードの主な特徴は以下の通りです。

ヒルトンアメックスカードの主な特徴
  • 年会費は16,500円で家族カードが1枚まで無料
  • ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス無条件でもらえる
  • 年150万円のカード利用と継続でウィークエンド無料宿泊が1泊もらえる
  • HPCJを実質年会費無料で利用できる
  • ヒルトンでのカード利用で100円につきヒルトンオナーズポイント3ポイントがもらえる
  • 購入後の商品の破損・盗難を補償するショッピング・プロテクション
  • アメックスならではの手厚い旅行傷害保険

一番の魅力はヒルトンオナーズゴールド会員資格が無条件でもらえること

主な特典を見ていて私たちが思うヒルトンアメックスカード一番の魅力はズバリ、ヒルトンオナーズのゴールド会員資格が無条件で手に入ることです!

ヒルトンオナーズゴールド会員の特典は以下の通りです。

ヒルトンオナーズゴールド会員の主な特典
  • 無料の客室アップグレード (エグゼクティブまで)
  • 朝食無料(同室に宿泊の1名まで)
  • 無料スタンダードWi-Fi
  • +80%のボーナスポイント
  • 5泊目宿泊無料(スタンダードルーム特典での予約)
  • 無料のボトルウォーター2本
  • フィットネスジムの無料利用
  • レイト・チェックアウト
  • エクスプレス・チェックアウト
  • 優先チェックイン
  • デジタルチェックイン
  • 2人目は宿泊無料(追加料金不要で部屋料金のみ)

これらの特典がついてくることで、ヒルトンホテルに年数回宿泊するだけの方でも年会費の元が取れ、通常より優雅にヒルトンホテルライフを楽しめることになります。

例えばヒルトン東京に2名で1泊したとしましょう。

ある日のヒルトン東京の宿泊費を調べると一番安い「キングヒルトン」のお部屋の料金はシンプルステイ(素泊まり)で25,500円、朝食付きで31,300円でした。

その差額、5,800円です。

また、ヒルトンオナーズゴールド会員の特典、お部屋のアップグレードでアップグレードできるエグゼクティブタイプのお部屋「キングエグゼクティブ」のシンプルステイの料金は34,500円で「キングヒルトン」との差額は9,000円です。

合わせると1泊の差額は14,800円

2泊すると差額は29,600円になります。

つまりヒルトン東京に2泊するだけでヒルトンアメックスカードの年会費16,500円の元が十分に取れることになります。

以上のことから普段ヒルトンに泊まることはあまりないけれど、年数回はホテルに泊まることがある方はヒルトンアメックスカードを持っていればヒルトンホテルでゴールド会員の扱いを受けることができてしまうので、このカードを作って損になることはないということになります。

今なら最大25,000ポイントもらえるキャンペーン中です!

HPCJを実質無料で利用できる

ヒルトンホテル利用者であればさらにお得度を増すことができる特典として、ヒルトン系列のホテルでの宿泊が25%割引、レストランが最大20%割引で利用できるヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパン(HPCJ)の年会費が初年度10,000円(通常25,000円)で利用できるという特典があります。

HPCJに入会すると国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)もらえるので実質無料で入会できます。

また、2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きをすれば、HPCJ年会費は10,000円で更新でき、更新すると、同じく5,000円割引券を2枚(計10,000円分)もらえるのでヒルトン系列ホテルを利用し続けるのであれば実質無料で更新し続けることができます。

この割引券は2枚同時に利用することができるので年に1回でも国内のヒルトン系列ホテルに泊まれば割引券を使い切れます。

実質無料の年会費でいつでも国内ヒルトンの宿泊費が25%オフと言うのはかなり強力です。

25%オフで宿泊しても扱いはゴールド会員ですのでよりお得感がありますよね!

HPCJは国内のヒルトンを利用するのであれば入っておかないほうが損といったレベルのプログラムで、私たちも非常にお世話になっています。

ですので、もしこのカードを作るのであればHPCJには必ず入会することをオススメします!

宿泊でヒルトンオナーズポイントがたくさんもらえる

ヒルトンオナーズポイントがたくさんもらえると言うのもヒルトンアメックスカードの特徴です。

ヒルトンアメックスカードをヒルトン系列のホテルでの利用すると100円につきヒルトンオナーズポイントが3ポイントもらえます。

ちなみにそれ以外の利用でも100円につきヒルトンオナーズポイントが2ポイントもらえます。

さらにゴールド会員特典として、ベースポイントの+80%のボーナスポイントがもらえます。

ベースポイントは宿泊料金の支払い1ドルごとにヒルトンオナーズポイントを10ポイントもらえるのですが、ゴールド会員は+80%なので、18ポイントをもらえます。

簡単のため1ドル100円とするとヒルトンアメックスカードでヒルトンホテルの宿泊費を決済すると100円毎に21ポイントがもらえると言うことになります。

ヒルトンオナーズポイントは1ポイント0.5円くらいの価値と言われているので約10%還元(ただしヒルトンホテルの決済に利用する場合)と言うことになりますね!

ウィークエンド無料宿泊は無理に狙わなくてもいいかも

ヒルトンアメックスカードの目玉特典の1つに、条件を満たせばウィークエンド無料宿泊がもらえると言う特典があります。

金・土・日の週末限定ですが、コンラッドやウォルドルフ・アストリアを含む国内外ほとんど全てのホテルで利用できるので、使い方によって10万円を超える価値になるような特典です。

そう言う意味でとっても魅力的な特典ですが、条件がちょっと厳しい。。

その条件はズバリ年間150万円以上カード利用をすることです。

メインカードとして利用するならばそれほど難しい条件ではないかも知れませんが、サブカードとして利用する場合、この特典のために150万円をこのカードに振り分けると言うのはちょっと面倒くさかったりできなかったりするんじゃないかなと思います。

ただ、今まで書いた通り、ウィークエンド無料宿泊がもらえるほどカードを利用しなくても十分元が取れるので、この特典は無理に取りに行かなくてもいいのではないかと個人的には思います。

今なら最大25,000ポイントもらえるキャンペーン中です!

ショッピングプロテクションはスマホも対象

ここまででかなり魅力的なカードだと思いますが、ヒルトンアメックスカードにはさらに購入後の商品の破損・盗難を補償してくれるショッピングプロテクションがついてきます。

ショッピングプロテクションは国内外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1人年間最高200万円まで補償するというものです。

この補償対象には他のクレジットカードでは含まれることが少ないスマートフォンやパソコンも入っています。

比較的壊れることの多いスマホが補償対象というのは嬉しいですね!

旅行傷害保険もしっかり

ヒルトンアメックスカードには利用付帯の旅行傷害保険がついてきます。

国内旅行での宿泊や公共交通機関の支払いにカードを利用すると、基本カードおよび家族カード会員に最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されます。

また、海外への旅行で国際航空機のチケットやパッケージ・ツアーの代金をカードで支払うと、基本カードおよび家族カード会員に傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されます。

最後に

以上、2021年3月9日に誕生したヒルトンアメックスカードの特徴をまとめてみました。

ヒルトンオナーズのゴールド会員資格を持っていないが年にヒルトン系列のホテルを1回でも利用するという方には大変魅力的なクレジットカードではないでしょうか?

今なら最大25,000ポイントもらえるキャンペーン中です!

メインカードとして利用するのはもちろん、サブカードとしてヒルトン系列のホテルでのみ利用するという使い方でも十分元が取れます。

ただ、メインカードとして利用する場合、年間200万円以上利用するようであれば、200万円以上の利用でヒルトンオナーズダイヤモンド会員資格も取得できる上位カードのヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの方がオススメです。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特徴についてはこちらの記事に詳しくまとめています。

タイトルとURLをコピーしました